パソコンサポート 修理 設定 指導
HOME >パソコンアドバイス

お客様からよく尋ねられるトラブルに事例と解決方法を紹介

連絡先:フリーダイヤル(一般電話のみ):0120-870-139
携帯から:090-3416-1851(ソフトバンク)又は092-555-3574

無線LANの速度が遅い、なかなか繋がらない等の解決方法

無線LANでインターネット接続をしていると、時々、「遅い」や「繋がらない」等の問題にぶつかる事があります。その原因として、障害物があったり、チャンネル干渉等が考えられます。そこで今回は、無線LAN接続不良の原因と解決策について話したいと思います。

無線LANは電波を使ってインターネットに接続しており、利用できる周波数は2種類あります。1つは2.4Hz帯、もう一つは5GHz帯です。そこで少しこの二つの周波数に対して、 説明したいと思います。2.4GHz帯は無線LANが出始めた頃から利用されてきた周波数であり、全ての無線LANルーターがこの周波数に対応しています。

5GHz帯の方は、2.4GHz帯よりも後に出てきた周波数帯です。古い無線LANでは対応していない機種もありますが、最近の無線LANは、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しています。

2.4GHz帯の周波数帯はノートPCだけではなく、家電製品でも利用されています。コードレス電話や電子レンジなどでも使用されているため、2.4GHz帯は非常に電波が込み合っています。そして、繋がりにくくなる理由として、この2.4GHz帯を利用する電子機器が多く存在する為に起こります。集合住宅では複数のPCが2.4GHz帯を使用してインターネット接続をしている場合も多々あります。ただし、2.4GHz帯には障害物に強いというメリットがあり、壁などの遮蔽物があっても広範囲に電波が届くため、屋内で無線LANにつなげる為には、この周波数を使っている方は多いと思います。

反対に無線LANとしては、新しい周波数帯である5GHz帯は、2.4GHz帯に比べるとそれ程利用している電子機器は多くありません。その分、安定した無線LAN接続ができる周波数帯です。ただ、その一方で、2.4GHz帯に比べると電波が遠くまで届きにくかったり、遮蔽物が弱いため、屋内で使用する際に不都合が起きたりすることもあります。

2.4GGHz帯で、「繋がりにくさ」や「遅さ」を解決する方法は、チャンネル帯域を 変更する事です。自宅等でインターネットに繋がりにくい場合等は、近所の家などで 同じ周波数でインターネットに接続をしている場合が考えられ、それが原因でチャンネル干渉が起こっている場合があります。そのような時には、とりあえず、近隣でどのくらい無線lANが利用されているの確認をしてみて下さい。パソコンから確認ができます。そこで、現在、お使いの周波数を周りの方も使っている場合は、そのチャンネルを切り替える事で、繋がりやすくなります。ただチャンネルの変更をする時には、チャンネルが「1〜5」、「6〜10」、「11〜13」という3つのグループによって構成されますので、同じグループ内ではなく、5チャンネル以上離れたチャンネルに変更する事が重要です。

5GHzの場合の解決方法を見て行きましょう。屋内でこの帯域でインターネットに繋げている場合、部屋の中の障害物が接続状況を悪化させているケースが考えられますので、対処法として、無線LANの設置場所の変更、又は無線LANの買い替えの検討が必要です。まずはパソコンでどのくらい無線LANルーターの電波が届いているのか確認をできますので、確認をしてみて下さい。その時に電波状況が悪い場合は、まずはルーターの設置場所を見直して下さい。ルーターが建物の端に設置されているのであれば、可能な限り、中心付近に移動させてみて下さい。中心近くに移動させることによって、電波の届きやすい範囲が建物全体に広がる可能性があります。建物の作りによってはルーターの性能をアップさせなくてはいけない場合もあり、新規購入を検討する必要もあります。

-->