パソコンサポート 修理 設定 指導
HOME >パソコンアドバイス

お客様からよく尋ねられるトラブルに事例と解決方法を紹介

連絡先:フリーダイヤル(一般電話のみ):0120-870-139
携帯から:090-3416-1851(ソフトバンク)又は092-555-3574

無線LANの速度が遅い、なかなか繋がらない等の解決方法

無線LANでインターネット接続をしていると、時々、「遅い」や「繋がらない」等の問題にぶつかる事があります。その原因として、障害物があったり、チャンネル干渉等が考えられます。そこで今回は、無線LAN接続不良の原因と解決策について話したいと思います。

無線LANは電波を使ってインターネットに接続しており、利用できる周波数は2種類あります。1つは2.4Hz帯、もう一つは5GHz帯です。そこで少しこの二つの周波数に対して、 説明したいと思います。2.4GHz帯は無線LANが出始めた頃から利用されてきた周波数であり、全ての無線LANルーターがこの周波数に対応しています。

5GHz帯の方は、2.4GHz帯よりも後に出てきた周波数帯です。古い無線LANでは対応していない機種もありますが、最近の無線LANは、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しています。

2.4GHz帯の周波数帯はノートPCだけではなく、家電製品でも利用されています。コードレス電話や電子レンジなどでも使用されているため、2.4GHz帯は非常に電波が込み合っています。そして、繋がりにくくなる理由として、この2.4GHz帯を利用する電子機器が多く存在する為に起こります。集合住宅では複数のPCが2.4GHz帯を使用してインターネット接続をしている場合も多々あります。ただし、2.4GHz帯には障害物に強いというメリットがあり、壁などの遮蔽物があっても広範囲に電波が届くため、屋内で無線LANにつなげる為には、この周波数を使っている方は多いと思います。

反対に無線LANとしては、新しい周波数帯である5GHz帯は、2.4GHz帯に比べるとそれ程利用している電子機器は多くありません。その分、安定した無線LAN接続ができる周波数帯です。ただ、その一方で、2.4GHz帯に比べると電波が遠くまで届きにくかったり、遮蔽物が弱いため、屋内で使用する際に不都合が起きたりすることもあります。

2.4GGHz帯で、「繋がりにくさ」や「遅さ」を解決する方法は、チャンネル帯域を 変更する事です。自宅等でインターネットに繋がりにくい場合等は、近所の家などで 同じ周波数でインターネットに接続をしている場合が考えられ、それが原因でチャンネル干渉が起こっている場合があります。そのような時には、とりあえず、近隣でどのくらい無線lANが利用されているの確認をしてみて下さい。パソコンから確認ができます。そこで、現在、お使いの周波数を周りの方も使っている場合は、そのチャンネルを切り替える事で、繋がりやすくなります。ただチャンネルの変更をする時には、チャンネルが「1〜5」、「6〜10」、「11〜13」という3つのグループによって構成されますので、同じグループ内ではなく、5チャンネル以上離れたチャンネルに変更する事が重要です。

5GHzの場合の解決方法を見て行きましょう。屋内でこの帯域でインターネットに繋げている場合、部屋の中の障害物が接続状況を悪化させているケースが考えられますので、対処法として、無線LANの設置場所の変更、又は無線LANの買い替えの検討が必要です。まずはパソコンでどのくらい無線LANルーターの電波が届いているのか確認をできますので、確認をしてみて下さい。その時に電波状況が悪い場合は、まずはルーターの設置場所を見直して下さい。ルーターが建物の端に設置されているのであれば、可能な限り、中心付近に移動させてみて下さい。中心近くに移動させることによって、電波の届きやすい範囲が建物全体に広がる可能性があります。建物の作りによってはルーターの性能をアップさせなくてはいけない場合もあり、新規購入を検討する必要もあります。

毎日のパソコン作業に役立つショートカットキー(1)

これまで何度か、パソコン操作に便利なショートカットキーを紹介してきましたが、 今回は毎日のパソコン作業に便利な機能をご紹介します。

Windowsキー+M:
今、開いている画面を全て最初化にします。他の方に見られたくない内容がある場合、瞬時に画面上から消す事ができるので便利な機能です。

F3キー:(ファイル、フォルダー、キーワードの検索)
ホームページ内情報がたくさんあり、文字も小さく、専門用語だらけの場合、探したい情報もなかなか見つからないかもしれません。そのような時、F3キーを押すと検索ボックス が表示されますので、ボックス内にそれに関わる文字を入れますと、ページ内の文字に背景色がつき、目的の情報がすぐに見つかります。

F2キー:
ファイルやフォルダをクリックして、「F2」を押した後に文字をタイプすれば、ファイル/フォルダ名をすぐに変更できます。

Window 10 ではPDFファイルを作成する事が出来ます

Windows 8までは、パソコンの中に保存しているファイルデータを、PDF形式にして出力(保存)するには、別にソフトを入手する必要がありましたが、Windows 10ではその機能が標準装備されています。今回はその方法を説明します。 ※Windows10と一緒に入っているワードとエクセルを例として、その方法を解説します。

1、印刷設定画面を開きます。
※印刷設定画面は、マイクロソフトオフィスのバージョンによって、開き方が違いますので、そちらについては、お調下さい。私の方にメールでお尋ねされても大丈夫です。

2、印刷設定画面が表示されましたら、プリンターを指定(プリンター設定)する時に、(Microsoft Print to PDF)を印刷するプリンターとして指定して、 (印刷)ボタンを
クリックして下さい。

3、PDFファイルをどこに保存するのか指定する画面が表示されるので、PDFに名前を付け、(ドキュメント)や(デスクトップ)等で、お好みの場所に保存をして下さい。

4、PDFがファイルが,ちゃんと作成(保存)されているかを確認してください。
以上で作業完了です。

作業が楽になるショートカット(エクセル編)

1、Tabキー(セルの横移動)
セル内を右側に移動したい場合、矢印ボタンの→を押して移動する方法を 知っている方は多いと思いますが、ホームポジションから指が離れて しまい、長時間、エクセルで仕事をされる方には面倒かもしれません。 そのよう時、Tabキーを押しさえすれば、ホームポイントから指を離さずに、 セルを右側に移動させる事が出来ます。

2、Ctrl+P(印刷プレビュー)
表の印刷をする前にプレビュー画面を確認したい時に、便利な機能です。

3、Alt+Tab(画面の切り替え)
この機能はエクセルでは、ウィンドウズ全般のショートカットです。 エクセルで作業中に、他のソフト(メール、インターネット、その他) に切り替える事があるかと思います。そのような時は、マウスで 操作をするよりも、Alt+Tabが便利です。

作業が楽になるショートカット(エクセル編2)

1、Ctrl+;(日付の入力)
エクセル上で日付の入力をしなくてはいけない時は、Ctrl+;を使えば、簡単に入力をできます。

2、Ctrl+F(検索)
エクセル上で、「ある特定の商品の品番を探したい」という場合に、 簡単に探せます。ちなみにこの機能は、インターネットで何か の情報を探したい場合や、ワードやPDFのファイルで、特定の情報を 探したい時に便利な機能です。

3、Windows+D(デスクトップの画面に戻る)
これはエクセルではなく、ウィンドウズ全体の機能ですが、 何かの作業中にデスクトップを表示させなくてはいけない時は、 Windows+Dを押せば、一瞬でその画面が表示できます。 デスクトップ上に、良く使うファイルのショートカットを置いている方には、 便利な機能です。

パソコンが時々、フリーズします。その解決方法は?(その1)

パソコンで作業中に、パソコンが固まり(フリーズ)、何も作業ができずに途方に暮れた事はありませんか?その原因がわかれば、その問題を回避できる かもしれません。そこで、その原因と解決方法について、紹介します。

原因:パソコン内部の温度上昇が原因の場合があります。 その内部の温度が上昇する事により、パソコンの異常動作・異常終了する 事があります。これは、パソコン内部にほこりが溜まったり、内部の温度を 下げるファンが起動しない事等が原因で温度上昇が起こります。 特に発熱が大きいのは、CPU, ビデオカード、電源、ハードディスクです。 電源部分については、温度の上昇が10℃高くなると、寿命が半分になると 言われています。電源部分が壊れますと、液漏れを起こし、他のパーツも 故障してしまう可能性がありますので、パソコン内部のこまめなお掃除が 必要です。

解決方法: パソコン内部では、様々なパーツが基本的に熱を発していて、特に CPUやグラフィックカードは80℃程の温度に上昇する場合があります。 そのような時、パソコン内部では、その高温でパソコンが故障しないように、 その動作を抑えてしまう設計になっています。そして、その結果、パソコンの 動きが遅くなります。

このような状態になった時の解決方法としては、内部のお掃除が有効です。 パソコンを開け、ほこりを取り除いてみて下さい。ファンの目詰まりも 熱がこもる原因となります。煙草を吸われる方やペットを飼っている方は、 煙草のヤニ汚れ、毛玉がのその原因になる場合があります。

内部のパーツ、PCケースファンを大風量タイプに、CPUクーラーを 冷却効率の高いものに交換する事により、冷却方法が改善し、熱暴走を 抑える事もできる場合があります。

パソコンが時々、フリーズします。その解決方法は?(その2)

原因:パソコンが固まって動きが停まってしまう場合、 画像や動画の編集ソフトの使用や大量の文章データの編集作業中に、 メモリの処理能力が超えている事も考えられます。 ではメモリとは何でしょう?わかりやすくメモリを机に例えると、机の上に 大量の書類や物が置かれている状態で、作業がやりづらく、イライラして なかなか仕事がはかどりません。メモリとは机上と同じように パソコン上の作業場のようなもので、たくさんの作業を同時に行う事により メモリが不足し、作業が停まってしまいます。つまり、パソコンの 処理能力が低下し、フリーズの原因になるのです。

解決方法: メモリ不足とは、上記のように同時にたくさんのソフトを使っていたり、 又は動画編集ソフトのようにメモリを大量に消費している時です。 解決策として、ソフトを同時起動しない又は、メモリを大量に消費する ソフトを使わない等があります。しかし、仕事上、パソコン上でたくさん 又は複雑な作業をしなくてはいけないと言う場合は、メモリの増設が必要と なります。メモリの量は基本的に多い方が作業効率も上がり、最近のPCでは 8GB搭載のモデルが一般的になってきています。しかし、数年前のPCだと 、4GBが主流であり、このモデルをお持ちの方は、8GBに増設される事を お勧めします。メモリが8GBあれば、ある程度の作業はさくさくこなします。 ただ3Dゲームをしたり、より大量の情報を処理される場合は、16GBへの 増設をお勧めします。